<お知らせ>IoTで家庭用蓄電池が「発電所」になる。 仮想発電所(VPP)の実証事業をスタート(2018/6/6)

Pocket

一般社団法人環境共創イニシアチブ「VPPアグリゲーター事業」実証事業

siiメイン

株式会社エネルギー・オプティマイザー(本社:東京都港区 代表取締役:田川 周作 以下、エネルギー・オプティマイザー)は、経済産業省資源エネルギー庁が一般社団法人環境共創イニシアチブを通じて公募する「平成30年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」のうち、「VPPアグリゲーター事業」に5月29日に採択され、リソースアグリゲーターとして登録されました。バーチャルパワープラント(以下、「VPP」)の構築とそれを通じたリソースアグリゲーション事業の実現を目的として、本日から本実証を開始いたします。

VPP技術は工場や家庭にある蓄電池や太陽光発電、ポータブル発電機、照明や空調などのあらゆるリソースをネットワークでつなぎ、遠隔・統合制御し、あたかも1つの発電所のように機能させることで電力を有効活用する仕組みです。
当社では様々なリソース(電源)を取りまとめるVPP構築にあたって、アグリゲーションコーディネーターからの制御指令に対して、短時間で直接指令の受取や制御の実行することが技術的・体制的に困難な小規模なリソース(家庭用蓄電池など)に如何にVPPに参加してもらい活用するかという課題に注目。
VPPの普及にあたって、小規模で多様なリソースを最大限に活用していくことも重要であり、それらコントロールするためのクラウド型プラットフォームの構築が必要と考えました。

エネルギー・オプティマイザーのコア技術を支える親会社である株式会社オプティマイザ―では、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)、新エネルギーベンチャー技術革新事業フェーズB・Cの認定を受けていた、新電力需給管理業務をAIを搭載した独自のクラウドシステムの開発を完了。電力需給業務自動化に関する3つの関連特許を取得し、2018年6月には全自動エネルギー需給・調整管理マネージメントサービス「エネパートナーシリーズ」として、正式にリリースしています。

本実証事業においてはこのエネパートナーシリーズの拡張機能として小規模リソースを活用したVPP向け機能を開発。アグリゲーションコーディネーターからの電力需給調整の制御指令に対し、調整力として短時間で接続した小規模リソースの制御を統合して行う実証に取り組みます。

エネルギー・オプティマイザーは家庭用、産業用の蓄電池をはじめとして、非常用発電機、EVなど小規模なリソースについても本プラットフォーム上で統合し、大規模発電所と同等に需給調整及び管理を行うVPPの実現と、次世代のクラウド型総合エネルギーマネジメントシステムの社会実装を目指して参ります。

——————————————————————————————————–

全自動エネルギー需給・調整管理マネージメントサービス
「エネパートナーシリーズ」について

 

 

高圧・低圧電力の需要予測から、経済最適な電源ミックスの算定、市場電源の自動入札、約定、及び太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーのポジション反映、連携線利用、電力広域的運営推進機関(OCCTO)への通達まで一連の業務をAIとアルゴリズムで完全自動運用を実現。
従来専門の要員やノウハウなど膨大な人力作業が必要であった電力小売運用業務を次世代システムによりバランシンググループのレベルで自動化、正確化し、今後拡大が期待されるVPPにおいても必要となる「人力を超えた調整オペレーション」の基盤を確立しました。

【助成事業について】
・助成事業名称:平成30年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金(VPPアグリゲーター事業)
・助成期間:平成 30 年 5 月 29 日~平成 31 年 2 月 1 日 まで
・事業者:株式会社エネルギー・オプティマイザー :技術研究開発・実証実験・研究支援

※:平成30年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」(VPP)採択結果について <平成30年5月29日 SII公表>
URL : https://sii.or.jp/vpp30/adoption_result.html

■株式会社エネルギー・オプティマイザー
株式会社エネルギー・オプティマイザーは、新電力をはじめとした電力小売事業者、発電事業者の立上げ及び業務支援を行う登録小売電気事業者。株式会社オプティマイザーの戦略子会社です。国内屈指の新電力総合支援事業者として多数の新電力の支援で確立した実践的運用ノウハウと、オプティマイザ―により開発されたクラウド型電力需給自動化システムを活用。その高い技術・事業開発力を活かしてネガワット・VPPまで多様なエネルギー事業を展開しています。

会社名 :株式会社エネルギー・オプティマイザー
所在地 :東京都港区元赤坂1-1-7 オリエント赤坂モートサイドビル2F
代表者 :代表取締役 田川周作
URL : https://www.optimizer.co.jp/energy-optimizing/
経産省登録小売電気事業者 登録番号 A-0212

■株式会社オプティマイザー
創業14年目を迎えた「総合戦略マーケティング・カンパニー」。最先端のWeb技術を駆使した「WEB集客最適化事業」や電力自由化に伴う「エネルギー最適化事業」、各国大使館と協力してバイオマス燃料など海外商品の卸売を推進する「海外流通最適化事業」など、企業と生活者を結ぶマーケティング理論を全面的に活かした各種事業を展開。

会社名 :株式会社オプティマイザー
所在地 :東京都港区元赤坂1-1-7 オリエント赤坂モートサイドビル2F
代表者 :代表取締役 田川周作
URL :https://www.optimizer.co.jp/
事業内容:WEB集客最適化、エネルギー最適化、海外流通最適化、情報伝達最適化

<お知らせ>IoTで家庭用蓄電池が「発電所」になる。 仮想発電所(VPP)の実証事業をスタート(2018/6/6)についての
ご相談・ご質問などのお問い合わせを希望の方はこちら

Pocket