顧客獲得型動画広告

Pocket

業界初!オプティマイザーが提供する 顧客獲得型動画広告

顧客獲得型動画広告01

オプティマイザーは総合戦略マーケティング・カンパニーとしてASP運営で得た
業界分析やターゲティング、50億円以上の自社媒体での広告運用実績、
400枚以上のLP制作実績における総合的なCVR最大化実現を可能にした
顧客獲得のノウハウを動画広告に応用し、貴社のアクション・ステージに直結する
業界初の試みである”顧客獲得型動画広告”制作をおこなっています。

ハイクオリティで話題性の高い動画を作成すると共に、
様々な「WEBマーケティング施策」を戦略的に組み合わせ、
動画広告の効果を最大化、貴社のWEBマーケティング全体を最適化します。

すべての顧客獲得施策の効果をアップさせる、動画起点の新しい広告戦略

optline

顧客獲得型動画広告の効果

右肩上がりに成長中のWEB動画広告マーケット。
2017年には880億円・ネット広告費の10%を動画広告が占めると予想されています。
これだけ動画広告が注目されている理由は成果が実際に出せるためです。

顧客獲得型動画広告02

このように動画広告に対する生活者の反応は、
静止画広告以上にプラスにはたらくことが動画広告が注目される理由になっているのです。

生活者にとって動画は静止画に比べ、本能的に注視してしまうものです。
それは注視時間にして14.2倍(電通調べ)、注視回数は12.4倍(DAC調べ)と言われています。
注視は認知につながり、生活者の興味・関心を引き立てるきっかけとなります。

顧客獲得型動画広告03

その裏付けとして認知度も65%向上(電通調べ)します。
つまり、注視率に比例して顧客獲得率も向上するのです。
また獲得単価(CPA)に関しても、現在1動画広告の出稿が少ないため抑えることができます。

まだ実施の少ない動画広告の導入は、競合他社より一足先に
お客様にタッチできることに加え、従来以上に広告運用の最適化が可能となります。

optline

動画とWEB広告を組み合わせた、トータルな展開戦略

動画広告は、TVCMの代替ではありません。
つまり、動画を作って垂れ流しているだけでは成果は望めません。

動画を使った広告は動画単体だけではなく、様々なWEB広告手法やウェブサイトを連動させ、
生活者のWEB上の動きをトータルで設計した総合的な広告展開が必要です。

オプティマイザーの「顧客獲得型動画広告」では、自社媒体の運用型広告展開や
高品質コンテンツ定期提供で培った様々なノウハウを組み合わせ、
総合戦略マーケティングとして動画広告を展開いたします。

顧客獲得型動画広告04

optline

オプティマイザーの強み

顧客獲得型動画広告05

顧客獲得型動画広告の様々な設置スタイル

顧客獲得のための動画展開は、Youtube上に掲載する広告だけではありません。
様々なWEB上に掲載可能な動画コンテンツは、その場所の目的に合わせてクリエイティブし、
その最適な組み合わせで顧客獲得を最大化します。

  • 動画を再生する前に表示される、インストリーム動画広告
  • リスティングやDSPのバナースペースに掲載される動画広告
  • 公式ホームページや製品紹介ページに掲載する集客・拡販目的に最適化された動画
  • 運用型広告などのランディングページに掲載する訴求型動画
  • インフィード広告のランディングページに掲載する記事連動型動画

顧客獲得型動画広告06

顧客獲得型動画広告 戦略例
DSP+リマーケティング+動画LP 統合戦略

507259c92eb1b59856e294bb1d9e3531

optline

オプティマイザー独自のコンバージョンを最大化するアクションストーリー理論

オプティマイザーは総合戦略マーケティング・カンパニーとしての
コンバージョンを最大化させた多数のLP制作実績より、
独自の顧客獲得特化型動画広告構築フレームワークを理論化し、
徹底したリサーチと競合分析を活用した”今まで体験したとのない”コンバージョンを目的としたWEB動画広告を提供します。

顧客獲得型動画広告08

顧客獲得型動画広告についての
ご相談・ご質問などのお問い合わせを希望の方はこちら


Pocket