最適化の追求

加速するデジタル化

デジタルテクノロジーとネットワークの進化により様々なビジネス変革が起きています。ビジネスのデジタル化はテクノロジーが進化することで更なる未来のトレンドとなり我々の社会を大きく変えていくことでしょう。
インターネットは分散型データベースを繋ぐ巨大なネットワーク網であり、グローバルにコンテンツと人を繋ぎます。オフラインだけでは解決困難だった課題を最新のテクノロジーが日進月歩のごとく劇的に変化させています。
都市機能・地域機能を効率化するスマートシティ構想のように「ソーシャル」「スマートフォン」「クラウド」「WEBコミュニケーション」といった先進のテクノロジーがあらゆる業種の次世代ビジネス戦略を語るうえで連携と依存を深めています。
従来型のビジネスだけではなく、ここ数年台頭したWEBビジネスでさえ進化に対応したイノベーションが常に求められています。

optline

最適化(Optimize)の概念

多様化した情報化社会とそのデジタル化が進む未来ではデータ量が肥大化します。
その膨大に膨らみ続けるデータに対し、目的に適合するよう使いこなすためには高い情報リテラシーが求められます。この能力の差は消費活動に大きな格差を生み出します。例えば、ある商品を「5分探して1000円で購入する人」と「5分探して2000円で購入する人」、「高そうなので購入を諦めてしまう人」などと違いが出ます。素晴らしい商品であってもデータの海に埋もれていては消費さえ生まれないでしょう。出会えたとしても魅力の伝え方次第で生活者の購入意欲と価値基準は大きく変化します。このような歪に「最適化」すべき課題が生まれます。

オプティマイザーがコアコンピタンスとしている「最適化によるマーケティング」とは、
「市場予測と市場分析のもとクライアントの商品やサービスを最適化し、その情報をあるべき姿と手段で適切な場所へ届け、生活者がそれを効果的に吸収、活用、共有するよう促進する活動」です。

より効率的に経済・社会活動を実現するために、行動の共通パターン分析し、的確な答えに導かれるようサポートすることによりリテラシーへ過度に依存しないバランス経済が促進され経済活動が活性化します。

optline

データドリブンなビジネス

デジタル化社会では、経済とビジネスが迅速に数値化され、変化に対応しPDCA力をもった企業が台頭します。データドリブンなマーケティングを実現するためには、市場を的確に分析し過去の事象から未来を予測した仮説を立て、コストミニマムでその検証データを収集するための実行プラン策定が必要です。
慎重かつコスト重視のあまり時間軸をおろそかにしてはいけません。なぜなら1日の遅れが機会ロスを生むからです。確認設計は、仮説と同時に組み立てるのが望ましいです。チェックポイントとその頻度により実行プラン自体にロスが生まれてしまいます。このプロセスを疎かにした場合に「実行」がゴールになるケースがよくあるので注意が必要です。多次元的に仮説検証を進めるマネジメントや広告パートナーの介在も有効です。検証結果を事前に想定することにより一手先のアクションプランを準部することが可能となります。ライバルとの競争プロセスの中で同じ仮説検証を3か月でまわすか、それとも1か月で実現するかで次の戦略の速さが変わります。

内向きな組織戦略としてでなく業界・経済全体まで視野を広げた最適化力が経営エンジンとなることは言うまでもありません。

mathe
optline

オプティマイザーが提唱する
マーケティングの「最適化Five理論」

売上を構成する要素をマーケティングの視点から変数に分解した場合、オプティマイザー独自の概念として5つにの指標から分析を試みます。

リーチ(Reach)

生活者の母集団となります。言語、地域、習慣、属性、行動など勘案しターゲットとすべき購買者を定義するのものです。プロダクトアウトとマーケットインの双方から考慮した設定と他の指標との連動から集客コストの最適値を導くことが求められます。

客単価(Average sale amount)

お客様一人当たりが一回の購買で支払う平均金額です。商品の価格だけではなくサービス、プロモーションにより組み合わせ購買やまとめ買いといった変化を促すことが可能となります。

購入率(CVR)

お客様の訪問数に対して商品が売れる確率です。訪問者に対しての商品のプロモーションや接客によるプレゼンテーション力だけではなく、ターゲットとのマッチング度や訪問までの導線、滞在時間、購買ステップにより大きく変化します。

リピート回数(Repeat)

一度訪問してくれたお客様が何回訪問、購買頂けるかという視点です。ライフタイムバリュー(顧客生涯価値)を最大化させるためにカスタマーリレーションシップを設計しマネジメントすることが重要です。

スピード/回転率(Speed/Turnover)

お客様一人当たりの消費の速さです。場所や時間的制約の改善だけではなく、同時に顧客満足度を早期に上げることにより回転率が高まります。

最適化Five理論の方程式

売上 = リーチ × 客単価 × 購入率 × リピート回数 × スピード(回転率)
全ての指標を2倍にした場合、理論上の売上は32倍へと変化します。どの指標をコントロールするかにより最適化アプローチは変わりますが、他の指標と連動する場合もあり検証の設計は不可欠です。

2×2×2×2×2=32倍

optline

最適化領域

optgraph3 「Optimize」は、多様化する情報化社会において経済活動の効率化や、コストの削減といったアプローチとなります。
我々は、「マーケティングによる最適化」を中心にこのテーマに取り組んでいます。コアコンピタンスを活かし、高度なパフォーマンス・マーケティングを追及し、バーティカルな実績を積み上げアライアンス、流通、資産、エネルギー分野へと事業領域を広げてまいりました。今後は、更なるステージへ向かうべく事業領域の強化と共に新たな分野へチャレンジしてまいります。