EFOエントリーフォーム最適化

Pocket

エントリフォームの最適化で離脱率を劇的に改善

ウェブサイトのエントリーフォームを途中でやめてしまった経験があると答えたインターネットユーザーは69%と、
約70%もの人がフォームの入力を途中であきらめて離脱しています。(エフ・コード調べ)

その理由の第1位が「入力項目が多いから」で69%、2位が「意図しないエラーが出た 」で55% 、3位が「送信をためらう入力内容」で37%、4位が「画面が使いづらい」で35% 、5位が「記入ミスを修正するのが面倒だった」で27%とエントリーフォームで感じるストレスによってユーザーの“購買に対する熱が冷める”調査結果が報告されています。

また、入力フォームに訪れたユーザーの半分が入力せずにページから離脱して、
入力開始したユーザーが送信完了まで至るのはわずか16.5%。
つまり、フォームに訪れた100人のユーザーのうち、
送信完了に至るのはわずか8人しかいない計算になります。(英国formisimo調べ)

EFOオプティマイザーは初回来訪のユーザーに最大限の「おもてなし」をすることで、
本来成果になるはずだった離脱をなくし、獲得数の向上を実現します。

efo01

optline

EFOオプティマイザー導入の3つのメリット

1.手厚い入力支援機能でユーザーが悩まず入力完了

入力を促す、あるいは入力上の注意点を記したメッセージを表示、
残り入力項目数の表示などユーザーを入力完了まで悩ませず入力を完了させます。

2.優れたログ解析機能

入力項目ごとにアクセス数、滞在時間、エラー発生・離脱数などを
計測する機能。問題のある項目の特定が可能。

3.PC・スマートフォンの両方に対応

利用者が増えているスマートフォンでのEFO実績も多数。

efo02

全ての広告戦略・施策での集客を最大限に活かし、費用対効果が最大化されます。
それに比例して売上も当然UPします。

optline

PC・スマートフォン両対応の 徹底エントリーフォーム最適化

efo03

現在ではスマホユーザーがPCユーザーを超える時代となり、
消費行動は据え置きのPCから、いつでもどこでも使えるスマホへ移行しつつあります。

しかし画面の小さなスマホユーザーは 「文字が小さくて読めない」 「拡大・縮小が面倒」 「誤タップをしてしまう」
といったストレスに敏感であり、簡単に離脱してしまいます。
加えて、新たに来訪して入力することは極めて低いと考えるべきです。
オプティマイザーのEFOは、人間の意識や行動の細かいところにも 気を配った、
PCブラウザ・スマートフォン両対応のエントリフォーム最適化を行っています。

 

optline

EFOオプティマイザー 充実の最適化機能

必須項目表示機能

必須項目について予め明示することで、
無駄な入力を防止し、ユーザーの入力に対する抵抗感を軽減します。

入力内容チェック機能

入力確認画面に遷移する前に
エラーを警告することで、
入力のストレスを軽減します。

残り項目数表示機能

残り入力項目数を明示することにより、
入力に対する負担感を軽減します。
 

 

送信ボタン制御機能

必須項目を全て記入し終えていないユーザーに対して、送信ボタンを押せないよう制御。クリック時に未入力項目を表示し完了を促します。

自動フリガナ入力機能

名前などの項目にフリガナ入力項目がある場合、自動でフリガナが入力される機能です。入力する項目を減らし、ユーザーへの負担を軽減します。

入力値自動変換機能

指定の値(全角/半角)に自動変換できます。ユーザーにとって値の変換は面倒であり
半角/全角に切り替える手間を省くことで、ユーザビリティが向上します。

 

次画面遷移喚起

必須項目を全て記入したユーザに対して、次画面へ進むことを促す機能です。
入力完了を視覚的に表示し、未入力への恐怖心を払拭します。

サブミットボタンコントロール

必須項目の入力が完了すると、次ページに
遷移するリンクボタンが表示されます。

リンクボタンを変更することにより、次ページに進めることをアナウンスします。

該当住所一覧を表示

郵便番号の4桁目以降を入力する際に該当する住所の一覧を下部に表示。
選択すると 自動的に住所が入力されるので入力ミスのイライラを軽減します。

EFOオプティマイザーのサイトはこちら

efooptimizer
Pocket