自社メディア運用

Pocket

「情報」と「消費者」のマッチング

「興味」「検索」「購買」といったプロセスの最適化以前はAIDMA(注目・興味・欲求・記憶・購買)といった消費行動が考えられていましたが、インターネットや検索エンジンの普及などにより、消費者の行動も変化しました。
現在のマーケティングではAISAS(注目・興味・検索・購買・共有)というプロセスが考えられていますが、オプティマイザーでは長年、特に「興味」「検索」「購買」といったプロセスの最適化、情報と消費者のマッチングにマーケティング事業を注力してきました。

optline

何かを探す際の比較検討行動

現在のインターネットでは情報が多すぎ、本当に探している情報が見つからないといった状況が多々あります。さらに購買する直前での「比較・検討」は現在の消費行動において、購買する際の必須条件となっています。
オプティマイザーはこの比較検討を消費者にとって容易にさせ、購買に直結するマーケティング・ステージに特化した事業を長年展開し、他社にはないマーケティング・ノウハウを蓄積してきました。

optline

8つのカテゴリーでNo.1

情報最適化事業において、オプティマイザーは現在、金融を含む8つのカテゴリーでシェア率No.1を獲得しています。
オプティマイザーはNo.1シェア率を獲得しているカテゴリーをさらに増やし、最適な情報を提供することが消費者にとってすばらしいことと確信しています。

optline

バーティカルな商品・サービス情報の提供を使命に

消費者にとって比較検討を容易にするサービスは、現在の消費行動に有意義な情報最適化事業との認識から、消費者への情報提供のみならず、クライアントへのコンサルティング・サポートとしてノウハウを提供しています。

optline

独自メディア運営により広告予算総額50億円以上の実績

現在オプティマイザーでは消費者に向け情報最適化サービスとして多数のメディアを独自運営しています。総額で50億円以上の広告予算を投下し、消費行動のデータ蓄積による広告戦略、マーケティング戦略など多岐にわたる実績とデータを保有し、消費者・クライアントに還元しています。
主要メディア:

住宅ローン比較王LED比較王

自社メディア運用についての
ご相談・ご質問などのお問い合わせを希望の方はこちら


Pocket