戦略メディアバイイング


誰もが知ってるメディアが”獲れる”メディアではない

従来の広告概念で考えると強力なマスメディアを中心に考えられることが多かったですが、WEBマーケティングやインターネット広告では少し意味合いも変わってきます。インターネットやSNS等の普及により、個人の嗜好や興味、悩みやその解決策が細分化され、メディアもそれに合わせて細分化されてきました。それに伴い、ロングテールでの顧客獲得の重要性が増してきています。

また、広告媒体の多様化が進み、エンドユーザーのニーズに当てるだけではなく、潜在的なニーズや悩みを喚起させ、獲得に繋げる等、顧客獲得手法についても多様化が進んでいます。インターネットの世界に無数にあるWEBサイトの中で顧客獲得につながる有力なメディアは3%~5%と言われており、いかにこの”獲れる”メディアへ掲載を進められるかがインターネット広告でのパフォーマンスの鍵になります。

”獲れる”に加え、昨今重要とされている”獲得の質”に関してもメディアの多様性と共に、その”質”の重要性を理解したメディアへの掲載をいかにして図れるかが重要です。

 

optline

変化に合わせたバイイング

 

弊社optimizerでは変化の激しいデジタルマーケティング業界において、いかに変化に適用できるかが広告代理店や各メディアに求められていると考えており、広告代理店も各メディアも進化を続けていかなくてはならないと考えています。そのため弊社は常に最新のデータ分析・活用し、クロスメディア展開を含め総合的に戦略を検討致します。

ターゲットユーザーのニーズに適合したメディア及び広告主課題を選定し戦略を立案及び実行いたします。また、長きに亘って良好な関係を続けてきたメディア各社とも協力し、広告主利益に直結した効率の良いメディアバイイングを行うと共に、獲得だけにフォーカスするのではなく、広告主課題を常に把握し、課題解決を含む戦略の立案・実行を行います。

メディアバイイング① キャプチャ

 

 

optline

攻めと守りの両立

積極的なメディアバイイングと共に、健全なインターネット広告業界の形成に向け、広告クリエイティブや広告表現等、法令遵守を徹底しなければなりません。

弊社optimizerは有力アフィリエイトメディアネットワークに特化し、創業から取り組みを続けております。有力アフィリエイトメディアとのリレーションの下、メディアと共に広告主の顧客獲得及び課題解決に向き合います。

法人メディア、個人メディアネットワークを有する弊社だからこそ、積極的なメディアバイイングを仕掛けるとともに、担当営業の業界知見と人的ネットワークを駆使し 新たなメディア立ち上げや斬新な広告スペースの開発を展開し広告パフォーマンスの最大化を目指します。

 

メディアバイイング② キャプチャ


戦略メディアバイイングについての
ご相談・ご質問などのお問い合わせを希望の方はこちら