サイトCMS最適化構築

Pocket

WEBサイトのCMS化で「編集効率×運用効率」

インターネット上ではあらゆるコンテンツがアップロードされ、情報過多になり、現在は「配信したいコンテンツ」「見てほしいコンテンツ」が埋もれてしまう状況になっています。
埋もれてしまわないWEBサイト構成にするには、WEBサイトの「更新頻度」を上げる、「ページ数」を多くする等の対策をおこなう必要があります。
その際、HTMLベースで1ページ、1ページ、WEBサイトを構築していては「更新頻度」上げたり、「ページ数」を多くする場合、大きな工数と労力が必要です。
工数と労力をかけずにWEBサイトの対策をおこなう場合、現在はCMS(Content Management System)でコンテンツの管理・運用をするのが一般的になっています。WEBサイトはCMS化することで格段に運用効率が上昇します。

WEBサイトのCMS化で「編集効率×運用効率」

optline

CMS導入でコンテンツ充実

CMSを導入するとWEB上で簡単にコンテンツ追加・編集が簡単におこなえ、今まで大きな工数を費やしていたコンテンツ作成の手間を省けます。
また、コンテンツの修正・編集も管理画面上でどこからでも自由におこなうことができ、複数人でのコンテンツ追加も同時におこなえます。

optline

コンテンツの充実は露出力強化に

CMSはコンテンツの管理の効率化だけではなく、コンテンツ充実や更新頻度強化につながり、主要検索エンジンへの親和性があがります。
現在のWEBサイトは検索されて露出力されるという構図になっているため、CMS導入による検索エンジンへの親和性強化は
WEBサイトの露出力強化になります。

optline

オプティマイザーのCMS構築

wordpressのロゴ

オプティマイザーのCMS構築にはWordPressを主に使用します。
WordPressは全世界で最も使用されているCMSの1つでそれ自体が検索エンジンへの親和性が高く、プラグインなどの開発環境も充実しています。
オプティマイザーはWordPressでのシステム構成・開発での実績が多数あり、クライアントに評価を受けています。

Pocket