※満員御礼【8/30→9/15延期】日本初の地域新電力「中之条電力」立ち上げ体験談セミナー

Pocket

日本全国の自治体が注目!

このたび、日本で初の自治体新電力「中之条電力」(群馬県・中之条町)代表理事 山本政雄氏を特別ゲストにお呼びし「”電気の地産地消”で地域活性化!自治体新電力立ち上げ成功セミナー」を開催いたします。

豊かな自然に恵まれた群馬県・中之条町で誕生した「一般財団法人 中之条電力」。今でこそ「自治体新電力業界のパイオニア」として、再生可能エネルギーの導入を目指すたくさんの自治体が視察に訪れていますが、新電力設立前は大きな産業もなく、人口の流出も深刻でした。

そんななか起こった東日本大震災。以降、原発に頼らず地域でエネルギーの地産地消を推進していかなければならないという動きが全国的に拡大、中之条町もそのうちのひとつでした。

電気を町の産業にすることができれば、雇用が生まれ、町に若者が定着するかもしれない。就任当初、再生可能エネルギーや太陽光発電に関する知識はありませんでしたが、土木を専門に上水道の整備を24年間続けてきた経験を活かし、町の未来をかけた「中之条電力」設立。

その後、固定価格買取制度(FIT)を活用し、太陽光発電を中心とした電力事業を開始、太陽光発電所から電気を高く買い取り(結果的に町の収益になる)、公共施設に安く販売しました。結果、公共施設が支払う電気料金を年間1000万円も削減し、地域振興を推進するための予算確保の実績を作り上げたのです。

地域エネルギー政策を進めるためには、国と連携を図りながら、より地方自治体が主体性を持って、地域の課題解決や地域活性化の推進を視野に取組んでいくことが求められています。

 

今回のセミナーは、日本全国で成功事例として参考にされている「中之条電力」の山本さんにご登壇いただき、地域新電力における電源確保や需給調整業務をはじめとした運用課題の対応事例や、自治体が電力会社を興す意味・メリット、国と連携や事業を進めるノウハウ、事業を成功へ導くための想いなど、実体験をもとに皆様にお伝えいたします。

 さらに民間のノウハウをお伝えするため、エネルギー・オプティマイザーが、需給管理代行・バランシンググループの活用方法や新電力立上ノウハウなど、多彩な新電力を支援してきた事例を織り交ぜてご紹介いたします。

 

開催概要

< 開 催 日 >
2016年8月30日(火)※台風の接近により延期
→2016年9月15日(木)

< 開催時間 >
16:00~17:30 (15:40より受付開始)

< 開催場所 >
株式会社エネルギー・オプティマイザー セミナールーム
東京都港区元赤坂 1-1-7 オリエント赤坂モートサイドビル2F
(Kタワー側、1F喫茶店横の入り口よりお入りください。)
https://goo.gl/maps/Vl6hN

< 内容 >
第一部 日本初の地域新電力立ち上げ秘話!事業を成功へ導くためには

第二部 新電力事業を徹底支援!需給管理から立ち上げノウハウまで大公開!
※プログラム内容は一部変更になる場合がございます。

< 講師 >
一般財団法人 中之条電力 代表理事 山本 政雄 氏

ガイヤの夜明けにも取り上げられた「中之条電力」。自然豊かな町が、新たな産業を自ら立ち上げ雇用と若者定着を実現する、日本全国の自治体が日々悩むこの課題、中之条町の山本政雄さんが選択したのは、大震災後の日本で注目されている「自然エネルギー」でした。電力事業というまったく経験の無い新しいチャレンジ。しかし、山本さんの中之条への熱い想いと土木・上水道の整備一筋24年間の経験で、日本で初めての”電気の地産地消”の地域新電力を成功に導きました。地域に愛される電力会社「中之条電力」の経験と未来は、常に日本全国の自治体の皆様からも注目されています。

< 申込 >
下記フォームよりお申込みください。
※参加費無料
※お申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
※同業他社の方からのお申し込みは、お断りさせていただいております。

それではお会いできるのを楽しみにしております。
何卒よろしくお願い致します。

※本セミナーは終了しました

Pocket