受注・請求オペレーション代行

業務の多い新電力をアウトソースでサポート

新電力の様々な業務に柔軟に対応可能な代行サービス

新電力事業では、新規の受注処理から複雑な料金体系やメニューの多様化に対応した
請求処理を行うためにそのオペレーションと計算作業に膨大な時間とコストが発生します。

オプティマイザーでは、高圧での受注処理から毎月の料金計算、請求書の発行、債権管理、会計報告まで
アウトソーシングで柔軟に対応可能な体制を整えております。

請求業務に関わる人件費を削減したい
受注登録を効率化したい
システム開発コストを抑えたい
入金消込の作業を軽減したい
督促業務を効率化したい

顧客登録

  • 申込受付登録
    申込書に基づいて顧客情報を登録
  • 契約内容の登録と設定
    契約内容を登録し、関係機関との
    API接続による電力使用量の把握
  • 口座振替設定の確認

料金計算

  • 電力使用量の確認
    締日に基づきスピーディに把握
  • 料金計算
    各契約内容に基づいて電力料金を算出

売上報告

  • 料金明細の確認
    料金計算した内容を報告
  • 料金請求額の確定
    承認確認

請求処理

  • 請求データ登録
  • 請求書の発行・発送
    請求書を発行、封入、発送
  • 決済情報の設定
    口座自動引き落とし等決済方法に応じて情報作成、登録を行います。

入金管理

  • 入金確認処理
    各種の決済方法に基づいた確認・入金消込
  • 未収入金の確認
    未収入金を確認し報告

督促通知

  • 督促通知
    未収状況に基づき通知を発送
  • 遅滞金の算出
    遅延状況に基づき料金算出
  • 状況に応じた報告

自治体PPSや需要家PPS等々それぞれの事業形態やニーズ合わせ、
オプティマイザーのシステム開発力と実務ノウハウで効率化した委託サービスを提供します。

お問合せはこちら