バランシンググループ組成

Pocket

リスク低減と効率化のための取りまとめを担います

バランシンググループの組成と戦略的運用

バランシンググループとは、電力会社の託送供給約款で認められている代表者契約制度のことで、

幹事となる新電力が複数の新電力を取りまとめることにより、

参加した各PPS間でインバランスを調整してインバランスによるコストを低減するスキームのことです。

バランシンググループ組成

新電力事業者には、発電量と需要量の誤差を3%抑える30分同時同量制度が義務づけられており、

達成できない場合にはインバランス料金と呼ばれるペナルティの支払いを課せられます。

このバランシンググループは、規模が大きくなるほどインバランス発生に伴う料金負担リスクを低減させることができます。

代表契約者がインバランス料金等の託送料金の精算や送配電会社に対する通告等の役割を担うことにより、

各新電力PPS間の情報がお互いに共有されることがなく実務負担の軽減を図れます。

新規新電力への最適なバランシンググループ組成・参加提案

新規事業として新電力の立ち上げや新たな対応エリアの拡大に際し、

ターゲットエリアで自社電源が無い場合でも負荷率の低い需要家の案件であれば

バランシンググループに参加することでリスクを低減して参入することが可能となります。

また、オプティマイザーは各新電力様の電源構成や販売戦略などを考慮し、

それぞれに適したグルーピングをご提案させて頂いております。

業界唯一のパートナー間バランシンググループ・コンソーシアムの実現

オプティマイザーは業界で唯一需給管理サービスを提供するパートナー間でバランシンググループ・コンソーシアムを形成しており、

管轄エリアも考慮に入れより効率的な運用をご提案、サポートしております。

バランシンググループ組成についての
ご相談・ご質問などのお問い合わせ、および資料をご希望の方はこちら


Pocket