Yahoo!ハイサイト

Pocket

検索結果1位のURLをリッチ化!
圧倒的な訴求力で顕在層を刈り取る「Yahoo!ハイサイト」

「Yahoo!ハイサイト」は、ヤフーの検索結果に企業ロゴやダイレクトリンクを表示して検索結果1位のURLをリッチ化する、
まったく新しい「ブランドワード戦略」です。
ブランド名や会社名などを指定して検索する「ブランドワード」検索に対する対策は、これまでリスティング広告でブランドワード等に高額な入札を行うことで防衛的に行う手法が中心でした。しかし、それでも他社のリスティング広告と同時に表示されることで、奪われてしまっていました。しかし、2016年よりスタートした「Yahoo!検索 ハイサイト」の出現で、手法が大きく変わります。

Yahoo!ハイサイト

optline

検索結果画面の画面占有率アップでCVR改善!
新規顧客の獲得チャネル「Yahoo!ハイサイト」が実現する
ブランドワード戦略のメリット

①掲載する企業側

・最も訴求したい内容を選択・強調することができ、コンバージョン率(CVR)の向上に寄与
掲載内容をコントロールできるので、広告では表現しきれない要素、もっと訴求したい他商材の案内や他キャンペーン情報への誘導が容易になります。広告ではないのでヤフーによる審査はなく、素材やリンク先の事前確認は不要です。
※定期的に検索結果画面のパトロールは行われるので、その際検索結果としてふさわしくないと判断された原稿やサイトについては、
削除される可能性がありますのでご注意ください。

「Yahoo!ハイサイト」が実現するブランドワード戦略のメリット

・ Yahoo!他商材とのコラボで検索結果画面のファーストビューを独占
「Yahoo!プレミアムサーチディスプレイ」や「リスティング広告(スポンサードサーチ)」と組み合わせることで、検索結果画面の画面占有率を高め、ファーストビューのほとんどを貴社ブランドの「ほぼ独占検索結果画面」にすることが可能です。

他商材とのコラボで検索結果画面のファーストビューを独占

②検索ユーザー側

・興味があるコンテンツへストレスフリーで到着
検索結果1位のURLをリッチ化されることにより、利便性が向上されるメリットがあります。 Yahoo!ハイサイトを利用することで検索結果から得られる情報量が増加し、興味があるコンテンツへストレスなく辿り着くことができます。

興味があるコンテンツへストレスフリーで到着

optline

最も効果的な「Yahoo!ハイサイト」ブランドワード戦略の
提供で、圧倒的な「成果」を実現

オプティマイザーは、リスティング広告やランディングページ(LP)などあらゆるWEB広告の運用・制作を通じて獲得したノウハウを「Yahoo!ハイサイト」にも集中的に投下。

貴社のマーケティング目標を達成するため、 Google Analytics(グーグルアナリティクス)を活用したアクセス解析レポートをもとに徹底分析いたします。

googleanalytics

もちろん「Yahoo!ハイサイト」だけでなく、「Yahoo!プレミアムサーチディスプレイ」や「リスティング広告(スポンサードサーチ)」の運用をはじめ、戦略立案からキャンペーンや着地ページで使用する素材制作までトータルでサポート。

圧倒的な「成果」を実現するための、総合的な戦略を提供いたします。

戦略立案からキャンペーンや着地ページで使用する素材制作までトータルでサポート

Yahoo!ハイサイトについての
ご相談・ご質問などのお問い合わせを希望の方はこちら

Pocket