MEOマップ検索最適化

Pocket

スマホ上ではGoogle MapのNo.1がその地域のNo.1になる時代

スマホでのGoogle Mapの結果は、通常のキーワード検索結果よりも上部に表示される為、
MEO(マップ検索最適化)の上位リンクが画面の大部分を占めることになります。

例えば、街中で飲食店を探すとします。
スマホで検索する生活者は現在地から近いお店を選ぶことが大半で、
検索結果画面のファーストビューに欲しい情報(住所・電話番号・WEBサイト・口コミなど)が
あれば即決します。長い検索結果をひと通り見て決めるケースはほとんどありません。

つまり、地域に関連するキーワード検索に対してGoogle Mapの上位表示させることで
周辺の競合他社よりも先に、 お客様に自社を知ってもらえます。
特に飲食店に関しては即決のケースも多いため、
マップ検索1位表示=来店の可能性が極めて高いと言えます。

このように実店舗や地域密着ビジネスをされている企業においては、
もはや単独のSEO施策だけでなく、MEOを中心とした総合SEO戦略の実施が重要となっています。

MEO01

efogoogle

optline

スマホ時代が引き起こした、 実店舗など地域性のあるビジネスでのMEOの重要性

スマートフォン保有率は55.2%にのぼり、さらにその割合は増加しています。
日中では移動中などで常に利用し、リアルタイムに来店等を検討する生活者。
彼らは常に即断即決、長い検索結果をひと通り見て決める人はいません。

Map検索上で順位の低い実店舗では、たとえ自社の商品・サービスに自信があっても、
生活者に知ってもらえないがために、集客数の鈍化は避けられないのが現状です。
集客において、 スマホ向けの「キーワード+ローカル地名」を含めた検索の際に、
上位に表示されるためのMEO対策の必要性は、もはや待ったなしの状況にあります。

MEO02

optline

オプティマイザーのMEO戦略

オプティマイザーのMEO戦略には技術的な対策に加えて、
WEB上での徹底的なエリアマーケティングがあります。
市場規模や顧客分布を分析する際は、自社媒体のアフィリエイトサイトや
リスティング広告運用によって蓄積された地域性キーワードのデータを活用します。

加えて、「いつ、どのような人」が貴社に関連する業界・ジャンルのキーワードを
地域性キーワードと共に入力しているかがわかるため、
検索結果で上位にランクインできる最適なキーワードの選定が可能となります。

MEO03

optline

SEO・コンテンツマーケティングと組み合わせたトータル戦略

MEOは単独の施策だけでは効果は出ません。
そのサイトの価値が十分高い上で 「地域No.1」であることをGoogleに認めさせる必要があるからです。

サイトの価値を高めるためには、高品質コンテンツを定期提供するSEO戦略も必要となります。
オプティマイザーは貴社のストーリーやブランド価値、業界そのものを徹底的に分析します。
そこから「貴社にしかない価値」を導き出し、20名以上もの自社コンテンツライターによる
高品質コンテンツを通じて検索順位の「NO.1」を実現します。

MEO04

オプティマイザーの視点は「順位」ではなく「価値」
WEB上で貴社の製品・サービスを「No.1」にし、
来店数・営業所成績の向上を実現します!

MEOマップ検索最適化についての
ご相談・ご質問などのお問い合わせを希望の方はこちら


Pocket