戦略WEBサイト構造解析

Pocket

構造解析の必要性

インターネットという通信インフラはもはや特別なものではなく、昨今のスマートフォンやタブレット端末の爆発的な普及により、モバイル端末でアクセスしてもPCと同様の情報が得られる環境が整い一層身近なものになりました。 個人であれ、企業であれその利用目的は様々ですが、ユーザー視点においてはその特性上、何かを調べたり探したりといった利用方法が中心であり、検索サイトでキーワードを入力し、目的に合致したサイトを見つけるという光景はもはや日常的でさえあります。

便利になった反面、今や膨大に膨れ上がったWEB上にある数多のページの中から最適なものを即座に見つけることは非常に困難になりました。 また、ユーザーに対し有益な情報を発信していたとしても、見つけてもらえなければ意味がありません。 目的のために積極的にWEBを活用し成果を得るためのWEB戦略には検索エンジンに最適化させていく事が不可欠なのです。

検索エンジンを取り巻く複雑な関係

optline

ページの構造解析

ページ・タグ構成例検索エンジンとはプログラムであり、世界中のWEBページを収集し、各々が持つアルゴリズムによってページに記載された情報を解析しデータベースに蓄積、そこからユーザーの検索ニーズに合致するであろうページを教えてくれるシステムです。

ご存知のように、検索結果ページのどこに表示されるかによって検索ユーザーの流入数は大きく変動します。 戦略にもよりますが、基本的にサイト側の希望は出来るだけ多くの方々の来訪であり、必然的に検索エンジンによるランキング上位の獲得を目指すことになります。

現在の検索エンジンの順位決定要素は多岐に渡っており、例えば米Googleでは200以上ものチェック項目によってWEBページを解析し、そこから算出された独自のスコアを基にランキングを決めています。つまり、検索エンジンのアルゴリズムを分析し、それに対してページを最適化させていくことでランキング上位が狙えるということになります。

WEBサイトとはページの集まりであり、各ページはHTMLという記法によって書かれています。 少々乱暴な言い方ですが、検索エンジンはこのHTMLを読んでそのページの内容を理解しているのです。 よって、このHTMLという記法に則りページを構築(改修)していくことがWEB戦略を成功へと導くための活用の第一歩であると言えるでしょう。

HTMLは元々はプレーンテキストをデータとして利用可能なものにするため、文字への意味付けや文章構造をタグを用いてマークアップする手法から発展したという経緯があり、構造解析にはHTMLへの理解が必要となります。 オプティマイザーの施策では、このような構造解析データを基にページの最適化案をご提供させて頂きます。

optline

サイトの構造解析

先に述べたように、サイトとはページの集まりですが、ここに戦略を持ち込むためにはただのページの寄せ集めではいけません。 各ページにそれぞれ必要な施策を施し、検索順位を上げることで認知度やブランディングに貢献し、そこからの流入数の増加を狙いますが、本来の目的である成果を得られるかどうかはその後のユーザーの体験(UX)に掛かっています。

来訪して頂いても、すぐに離脱されていては見込み客はいつまでたっても顧客になってくれません。 ユーザビリティの良し悪しはコンバージョンに直接影響してくるのです。 ページの構造を解析し把握することの重要性については簡単に触れましたが、その集合体であるWEBサイトにも勿論構造があります。 そして当然ながら検索エンジンはそちらも評価対象としています。 UXの充実を図るためには各ページのパフォーマンスを効果的に発揮させることが必須ですが、サイト構造はそのための土台となるのです。

各ページ間の繋がりや関連性、キーワードとのマッチング具合、サイト全体の使い勝手などあらゆる観点からサイトの質を評価されることになります。 オプティマイザーでは自社開発したクローラを駆使し、重要タグやコンテンツ内容に至るまでのサイト全体の傾向を把握した最適化を実施致します。

SEMに関するスペシャリスト集団だけでなく、経験豊富な製作者も多数在籍しており、彼等を率いるディレクター陣もサイトやページの構造に精通しているため、WEB戦略のパートナーとしてあらゆる角度からの最適なアプローチと支援が可能です。 それが最適だと結論付けた場合などサイトのリニューアルを提案することもございます。

サイト構造図と内部リンク構成図

戦略WEBサイト構造解析についての
ご相談・ご質問などのお問い合わせを希望の方はこちら


Pocket