電源調達バイイング

Pocket

電源調達の最適化で新電力の活動をサポート

あらゆる新電力の調達を代行

新電力事業者向けに電源の買い付けを代行します。

自社の電源を持たない事業者様や自社以外でも電源を確保したいお客様へ、

市場の変化に対応した電源調達のスキームを構築しております。

スケールメリットを活かした電源確保

バランシング・コンソーシアム等のネットワークを活用し、

複数の新電力の調達をまとめることによるスケールメリットでオプティマイザーが交渉します。

特に、3~24ヵ月といった比較的短期間から中期の電源確保を得意としております。

電源調達バイイング

オプティマイザーが総合的に新電力支援サービスを展開しているからこそ、

各クライアントのニーズとポジショニングを最適化できるバイイングサービスとなっています。

電力自体を流通させる最適化

日本卸電力取引所(JEPX)との違いとして、ご契約期間として3か月以上の中長期の取引を取り扱っています。

電源売買1

最低取引単位として1MW以上となります。

あらゆる発電タイプ・需要タイプに対応するマッチングと販売代行

発電事業者から再生可能エネルギー(太陽光やバイオマス、風力、水力)や

大型の火力発電所からの電力を調達し、各種の新電力(PPS)や日本卸電力取引所へ販売、。
総合的にエネルギーの流通を最適化します。

電源売買2

新電力各社様のニーズに合わせて電源を確保し、市場取引以外での個別取引を実現します。


すべての新電力事業者にメリットを

事業立ち上げで課題となる電源の確保や小規模の新電力PPS事業者様でも、

コストメリットのある電源調達が見込めます。それぞれ異なるニーズを互いに補うよう

各電源構成を最適化するスキームであるため共存共栄の市場を構築できます。

電源調達バイイングについての
ご相談・ご質問などのお問い合わせ、および資料をご希望の方はこちら


Pocket