業界初!「顧客獲得型動画広告」提供開始

Pocket

movie_ publicity_thumbnail

このたび総合戦略マーケティング・カンパニーである株式会社オプティマイザーが、
業界初の顧客獲得型動画広告サービスの提供を開始いたします。

■2014年=動画元年

スマートフォンやタブレットの普及、それに伴う視聴・通信環境の向上により、
「家で家族とまったりTVをみる」から
「外出中の空き時間にスマホを使って情報収集」
といったライフスタイルが一般化してきました。
更に仮に録画しておいたTV番組をみるにしても、今や大半の人がCMをスキップする機能を使用するため、
TVCMからの認知度向上が昔より難しくなっています。

また、静止画広告と比較して動画広告が優れているとのデータを電通やEyeView等各社も発表しています。

「顧客転換率が86%アップ」※EyeView調べ
「65%の認知度向上効果」※電通調べ
「動画広告は印象度が1.65倍」※電通調べ
「注視時間14.2倍 注視回数12.4倍」※DAC調べ
「20代の48.9%、30代の48.8%が動画をきっかけに商品購入を検討」※ジャストシステム調べ

これらは効果のほんの一部です。

■市場規模は3年で約5倍?!WEB動画広告市場の今後

動画広告市場

WEB動画広告市場は右肩上がりで成長しており、
2017年には今の約5倍の市場規模、880億円に急成長すると予測されています。

また、ネット広告費の10%を動画広告が占めるといわれています。
YouTubeやニコニコ動画などの動画メディアが成長している今、
WEB動画広告を実施するには最適なタイミングです。

■総合戦略マーケティング・カンパニーのオプティマイザー

400枚以上のLP制作や総額50億円以上の自社媒体(比較ランキングサイト)での広告運用実績、
VIPアフィリエイトサービス運営で得た業界分析やターゲティングにおける総合的な顧客転換率最大化実現を可能にした
顧客獲得のノウハウを動画広告に応用し、
クライアントのアクション・ステージに直結する業界初の試みである”顧客獲得型動画広告”の提供を開始しています。
他社との差別化、更なるCVRの向上に一度試してみてはいかがでしょうか。

■【独自理論】欲求段階における8のフレームワーク

オプティマイザーでは独自の顧客獲得特化型動画広告構築フレームワークを以下のように理論化。

フレームワーク理論

動画のフレームワークを前半部分(①~⑤)は右脳刺激(消費者感情に訴求)、
後半部分(⑥~⑧)を左脳刺激(論理的訴求)スキームとして分割することによって、
動画視聴後の購買や登録(アクションポイント)意欲を引き上げる構成となっており、
徹底したリサーチと競合分析を活用した”今まで体験したことのない”
コンバージョンを目的としたWEB動画広告を提供します。
他社との差別化、更なるCVRの向上に一度試してみてはいかがでしょうか。

オプティマイザー社は引き続き、効率・効果的な経済活動を促進できるよう、
皆様のご意見ご要望を伺いながらサービス改善及び新サービスを提供してまいります。

以上

合わせてご覧ください

Pocket