低圧電気料金を削減支援 『多店舗まとめて一括交渉』サービスの先行相談受付を開始

Pocket

電力小売り全面自由化を先取り!

高圧契約向けの電力一括見積サービス「新電力比較.com」を運営する、株式会社オプティマイザー(所在地:東京都港区、代表取締役:田川 周作、以下オプティマイザー)は、2016年4月1日からの電力全面自由化に向け、店舗を多数お持ちの事業者向けに、「多店舗まとめて一括交渉」サービスの先行相談を2015年11月19日より開始いたします。

「新電力比較.com」サイトはこちら

ここがポイント↓↓↓

★店舗をまとめて交渉することで実現する圧倒的ボリュームディスカウント

★最適で低コストな電力小売り事業者切り替えを専門コンサルタントが支援

★新電力の一括見積り代行で業界屈指の実績を持つ「新電力比較.com」のオプティマイザーだからこその交渉力

【提供の背景】

2016年4月1日電力小売りの全面自由化により、8000万を超える顧客数を抱え20兆円規模の日本の電力市場が開放されます。契約電力が50kw以上の「高圧」電力を契約している大規模工場やオフィスビルなどが電気料金の削減を実現するなか、来春からは新たに「低圧」電力の契約も自由化となり、日本のすべての事業者たちが最適な電力会社を選択する時代を迎えます。

来年4月の低圧の自由化に向けて、飲食や物販の店舗を多数お持ちの事業者に対し、オプティマイザーがこれまで高圧市場において培った一括見積もりサービスや新電力会社への経営支援での圧倒的なノウハウを提供することで低圧電気料金の削減を支援する、「多店舗まとめて一括交渉」サービスの先行相談の受付を開始いたします。

【「多店舗まとめて一括交渉」サービスのポイント】

■オプティマイザーの交渉力

「電気料金を削減したい」単独で新電力に切り替えようとして多くの事業者がつまずいたのは、「どの新電力会社に頼めばいいかわからない」「これが適切な金額なのか判断できない」「相見積もりが大変だった」という点。これは『新電力比較.com』で実際に高圧契約の切り替えに成功した事業者からの声です。

来年4月の全面自由化でも同じことが起こりえます。
そこで、オプティマイザーの『新電力比較.com:多店舗まとめて一括交渉』により、単独では有利な価格交渉がやりづらい事業者も、電力の専門コンサルタントがまとめて一括で電力会社と交渉することで特別単価を引き出し、圧倒的なボリュームディスカウントの獲得を可能とします。

■全面自由化解禁直前だからこその先行メリット

新電力・電力小売り事業者は、来年4月に向けて積極的な顧客獲得に動くため、有利な交渉を進めることができます。この時期を逃さないように今から行動していただきたいと考え、先行相談の受付をスタート。

■時代にあった電力事業×ITテクノロジー

オプティマイザーは現在、Web広告マーケティング事業と共に、新電力事業者に向けて高度な電力管理ノウハウが必要な需給管理代行サービスや、新電力設立支援・経営支援、クラウド型の新電力向け基幹システム提供といった、新電力経営の中核を支援するサービスを提供しています。

そこで得た日本全国の新電力事業者とのネットワーク・取引実績を駆使した交渉力と、電力業界に精通した新電力コンサルタントによる充実のサポート体制で、店舗を多数持つ小売り事業者に最適で低コストな電力小売り事業者選びを支援いたします。

低圧電気料金を削減支援 『多店舗まとめて一括交渉』サービスの先行相談受付を開始についての
ご相談・ご質問などのお問い合わせを希望の方はこちら

Pocket