Google AdWordsの動画広告(YouTube広告)

Pocket

YouTubeとは

世界No.1の動画共有サイト、プロアマ問わず動画投稿が非常に活発で、様々なコンテンツを提供しています。モバイル(スマートフォン)での動画共有サイトは世界No.2の規模で、他社の追随を許さない圧倒的な規模を誇っております。Google AdWordsではYouTubeに出稿していく事で、世界中のユーザーに自社広告のPRをおこなう事が可能。また、様々なコンテンツがあるので、多彩なユーザー属性に対する広告設定が可能となります。広告フォーマットは、大きく分けると以下の3種類があります。

  • イメージ広告
  • 動画広告
  • 記事コンテンツ面

Googleの動画広告には

  • 「True Viewインストリーム広告」
  • 「True Viewインサーチ広告」
  • 「True Viewインディスプレイ広告」

の3パターンで広告展開が出来ます。

  • True Viewインストリーム広告

YouTube動画の「プレロール、ミッドロール、ポストロール(動画の最初、半ば、最後)」に広告が再生されます。広告が5秒間表示された後、動画コンテンツに進むか広告の続きを見るかを選択できるリンクが表示されます。料金は広告が30秒間再生された場合、30秒未満の広告は最後まで再生された場合にのみ料金が発生します。

  • True Viewインサーチ広告

TrueViewインサーチ動画は、YouTubeの検索結果ページと Googleの動画検索結果の広告枠に表示されます。料金はユーザーがお客様の動画広告の視聴を選択した場合にのみ発生します。

  • True Viewインディスプレイ広告

他のYouTube動画の横か、ターゲットユーザーと一致するGoogleディスプレイネットワーク上の関連するコンテンツに表示されます。料金はユーザーがお客様の動画広告の視聴を選択した場合にのみ発生します。ディスプレイ広告のフォーマットはサイト運営者によって異なります。YouTubeでは、この広告はおすすめ動画として表示されます。

GoogleAdWordsの動画広告で出稿する為の課金方式はオークション形式で、その入札方法としては、クリック単価(CPC)、インプレッション単価(CPM)、広告視聴単価(CPV)の3種類となっており、目標に応じて入札方法の選択ができるようになっております。

合わせてご覧ください

Pocket